先輩からのメッセージ

ホーム

先輩からのメッセージ

新人看護師インタビュー

新人看護師インタビュー

NICU/GCUでご家族との関わりを大切にしながら新生児看護に取り組んでいます

Q1.看護師を目指したきっかけをお聞かせください

幼い頃に入院した経験があり、そこでお世話になった看護師さんがとても優しく、私もそんな看護師になりたいと漠然と考えていました。病気は患者さんの生活・人生に大きく関わるものであり、患者さんが抱く様々な思いを一緒に共有し支えていきたいと考えたため、看護師を目指しました。

Q2.千葉大学医学部附属病院で働こうと思った理由をお聞かせください

新人教育体制や研修が充実している大学病院で働きたいと考えていました。合同就職説明会に行ったとき友達に誘われ千葉大病院のブースに入りました。そこでもともと興味があったNICU/GCU病棟の先輩とお話することができ、千葉大学病院NICU/GCUで新生児と家族に関わりながら働くことに憧れを抱いたことがきっかけでした。千葉には知り合いがいなかったため不安が大きかったですが、説明会に参加し病院の雰囲気を知ることでそれも薄れました。

Q3.現在の仕事についてお聞かせください

患者さんは赤ちゃんであり、自分で苦痛を伝えることができないので様々な情報からアセスメントをしていかなければなりません。情報の多さに混乱してしまうこともありますが、先輩と一緒にひとつひとつの情報を整理していくことで学びを深めることができています。赤ちゃんはとても可愛く、日々癒されながら頑張っています。

Q4.勤務がお休みのときはどのように過ごされていますか?

休みの日は外に出かけて気分転換をすることが多いです。同期や学生時代の友達と食事に行ったり、時には東京の方へ遊びに行ったりしています。マリンスタジアムに野球観戦にも行きました。看護師寮に住んでいるので、寮の友達と一緒にご飯を食べることもあります。勉強するときは、千葉大学の図書館を利用することが多いです。

Q5.将来についてお聞かせください

具体的な将来の進路は決まっていませんが、まずはNICUの看護師として一人前になり、自信を持って看護を提供できるようになりたいです。もともと家族看護に興味があるので、どんな分野にいても患者さんだけでなく家族を含めて支援していける看護師になりたいです。

Q6.看護師を目指す学生さんへメッセージをお願いします

患者さんへ真摯に向き合っていく気持ちや、看護に対する思いを大切にしてほしいと思います。実習の時とは違い複数の患者さんを看ていくので、日々の看護が業務になってしまいがちですが、私も自分に余裕がない時こそ自分の行動を振り返るようにしています。県内からの方はもちろん、県外からの方も、もし千葉大学病院に興味を抱いていたら就職説明会やインターンシップに参加してみて下さい。

このページの先頭へ

患者さんに頼りにされたり感謝されると、やりがいを感じます

Q1.看護師を目指したきっかけをお聞かせください

中学生の時に祖父が入院した際に、看護師さんがとても優しく笑顔で患者さんに接している姿を見て、素敵な仕事だなと憧れを抱きました。高校生になり、自分の進路を考えるときに、患者さんに寄り添える仕事がしたいと思い、看護師を目指しました。

Q2.千葉大学医学部附属病院で働こうと思った理由をお聞かせください

就職活動中の情報収集で色々調べたところ、千葉大学病院の新人教育が一番充実しており、看護師として働く上で必要な技術をしっかり習得することができそうだと感じたからです。また、サマーインターンシップに参加した際に、看護師が生き生きと楽しそうに働いている様子や、病棟内の雰囲気が明るいところに魅力を感じました。

Q3.現在の仕事についてお聞かせください

看護師になりたての頃には出来なかったことが段々と出来るようになり、気管支鏡検査を受ける患者さんを受け持たせて頂いたり、手術の送り迎えなども任せてもらえるようになりました。患者さんから名前で呼んでもらえることも多くなってきて、とてもうれしく、そんな時にはやりがいを感じます。それと同時に、この仕事の責任の重さを痛感する事も多々あります。先輩方にフォローしてもらいながら、日々新しい事を学び、自分の目指す看護に一歩ずつ近づくことが出来ていると感じています。急性期の方が多い病棟ですが、患者さんやご家族の思いをしっかりと受け止めたり、退院後の生活支援などにも関わっていきたいと思っています。
沖縄の出身で大学も福岡でしたが、部署の同期が5人いたり、先輩方が優しく接してくれるので安心して働くことができています。

Q4.勤務がお休みのときはどのように過ごされていますか?

学生時代の友人と食事をしたり、買い物に出かけたりしています。ディズニーランドや東京も近いので、勤務後に同期と遊びに行ってリフレッシュすることもあります。また。関東圏には外部の研修がたくさんあるので、休日を利用して疾患や治療の事を学びに行っています。夏休みや連休を利用して実家のある沖縄にも帰っています。

Q5.将来についてお聞かせください

まずは、今の病棟で経験を積んで、必要な技術や知識を身に付けたいと思います。患者さんの身体的な看護ケアだけではなく、患者さんとそのご家族の精神的・社会的な部分も考えて看護できるようになりたいです。その後のキャリアアップに関しては、まだ漠然としか考えていませんが、千葉大学病院の進学支援制度を利用して、専門性を高めたいと思った分野の認定看護師や専門看護師になって、より質の高い看護を提供できるようになりたいと考えています。

Q6.看護師を目指す学生さんへメッセージをお願いします

看護師として働き始めてまだ半年ですが、患者さんに頼りにされたり感謝の言葉を頂くと、「仕事は大変だけど看護師になって良かった」と感じます。今は、実習や国家試験の勉強で大変なことも多いとは思いますが、やりがいのある素敵な職業なので、是非頑張ってください。

このページの先頭へ