看護部について

ホーム

看護部について

副看護部長からのメッセージ

副看護部長からのメッセージ

総務担当副看護部長 飯塚 恵子
総務担当副看護部長
飯塚 恵子

私たち千葉大学医学部附属病院看護部職員は、「心と技と責任」の理念のもと、日々、エビデンスに基づいた、適切で心のこもったケアを責任を持って提供することに努めています。これを実現するために看護職として大切なことは、常に目標を持って自己研鑽することだと思います。看護職として成長していくことを目指す方を支える体制として、平成22年度から人材育成を主眼においた人事評価システムを導入しました。このシステムで鍵となるのは、定期的な管理者との面接です。新人看護師さんたちは、看護師長さんとの面接を通して自己の目標を確認し、先輩達の支援を受けながら目標に向かって頑張っています。努力する人を支える体制を整えていることが、本院の特徴です。

教育担当副看護部長 菊田 直美
教育担当副看護部長
菊田 直美

本院看護部の教育方針は「看護実践に生かせる知識、技術の統合」と「自主的学習、自己責任」です。看護実践力の向上につながる研修、マネジメント能力の強化につながる研修、自身の看護観を深めるための研修等、臨床の場で生かせる教育プログラムが充実しています。また、専任の教育担当者6名が、現場の看護師と協力して、新人ひとりひとりに個別の支援を行っています。さらに、各部署の教育担当副看護師長が、新人からリーダー層まで幅広い教育支援を行っており、働きながら看護師としてのキャリアアップを目指す方を、看護部全体で応援しています。

業務担当副看護部長 窪田 容子
業務担当副看護部長
窪田 容子

本院では看護部の方針として掲げている患者さんの個別性を尊重した看護を提供するために、受け持ち制看護を推進しています。この方式は一人の看護師が患者さんを入院から退院まで受け持つことで常に緊張感はありますが、責任を持って看護を提供することができます。患者さんとの信頼関係が深まり「ありがとう」と言葉をいただくことが一番の喜びになります。
また、他職種がそれぞれの専門性を活かし、患者さんの状況に的確に対応できるようチーム医療を実践しています。チームで医療を提供することは、看護師が看護本来の業務に専念することができますし、専門のチームからサポートを受けることで、よりよい看護が提供できます。さらなる看護の質向上の取り組みとして業務改善に繋がる種々の調査を行い、分析結果を現場にフィードバックすること、専門看護師や認定看護師が中心となり手厚い看護を実践するために看護独自の外来を開設するための体制づくりも行っています。もちろん看護の視点から、病院経営に参画することも大切なことです。

人材確保担当副看護部長 元吉 美津江
人材確保担当副看護部長
元吉 美津江

患者さんに満足してもらえる医療を提供するためには、看護師自身が元気であること、やりがいを持って働けること、子育てや介護のサポートなど一人ひとりのワークライフバランスに配慮した環境を整えることが必要であり、最大限のマンパワーを発揮する源となります。
千葉大病院には、毎年、北は北海道から南は沖縄まで、多くの方々が就職してくれていますが、希望をもって遠方から就職していただいた看護師の皆さんの期待に応えるためにも、看護の本質を見極めるこころと、幅広い知識と高度な実践能力、豊かな人間力を培い、看護師として自信をもって歩むことができるように育成することが使命と考えています。そして、人材確保担当としては、募集活動にとどまらず千葉大病院で働いて良かったと思えるような環境を作ることが、目標です。

医療安全管理担当副看護部長 岡本 百合子
医療安全管理担当副看護部長
岡本 百合子

患者さんの意思を尊重した安全で質の高い医療を提供するためには、医師、看護師をはじめ多職者スタッフと協働で行うチーム医療が不可欠です。連携の取れたチーム医療が円滑に行われるよう医療安全管理部では安全に関わる職員の教育・研修の企画、運営など、また、インシデントレポートの収集、分析を行い、組織的な安全管理体制つくりを念頭に事故防止に積極的に取り組んでいます。各部署のリスクマネジャーと協働し、患者さんが安全で納得できる医療の提供と共に医療者が安心して医療、看護ケアができるよう医療環境ならび職場環境作りを目指しています。

経営・コンプライアンス担当副看護部長 鮎澤 ひとみ
経営・コンプライアンス担当副看護部長
鮎澤 ひとみ

患者さんにとってより良い看護を提供するためには、日々行われている看護実践をきちんと評価し、改善に向けた活動を継続していくことが大切です。看護部が継続的に実施している評価指標として、「看護に関する患者満足度調査」や「職務満足度調査」などがあります。また「受け持ち看護師に対する患者アンケート」や「継続看護の実施基準の評価」など新たな評価指標も作成し、看護の質向上につなげています。看護の質を評価し、その結果をフィードバックすることで、働く私たちのモチベーションや職場環境改善にもつなげていけるよう、活動していきます。

再開発担当副看護部長 阿部 礼子
再開発担当副看護部長
阿部 礼子

当院は、高度先進医療を担う特定機能病院としての使命を果たすために多職種が連携し日々、安心・安全な医療を提供すべく努力しています。また、看護部の理念である「心と 技と責任」を日々のケアで実現するために、患者さんが療養する環境を快適に整え、入院 生活を支えることも看護師の重要な役割だと考えます。これまで本院は、療養環境の整備と医療機能の拡充を目的ににし棟・みなみ棟の改修、ひがし棟および外来棟の新設を完了し、いよいよ2020年度には新中央診療棟が完成します。ここでは、手術室増築、放射線部門の集約、ICU再整備、高度救命救急センター開設など特定機能病院として高度な医療を提供する体制が整えられる計画です。新しい環境の中で患者さんができるだけ快適に過ごせるように、また看護師がより働きやすい環境となるよう活動しています。

看護部長からのメッセージ