看護部について

専門領域の取り組み

患者さん・スタッフに配慮した病床管理・病院再開発に取り組んでいます

病床管理・再開発

看護師長 井上 智香子

当院の入院病床は、常にほぼ満床の状況であり、更には平均入院期間も短縮してきているため、毎日、多数の患者さんの入院・退院があります。患者さんが安心・安全、そしてスムーズに入院できるよう、関連部署と連携して病床管理に取り組んでいます。
また、当院は高度急性医療を担う病院であり、その病院機能の拡充整備として、平成33年1月の開院に向け新中央診療棟(手術室および救急科・集中治療部の増床、放射線部門の拡充整備)の建設が進んでいます。ハード面の整備だけでなく、高度先進医療を担うスタッフの育成や、勤務体制の整備なども関連部署と連携して行っています。

看護師長 井上 智香子