看護部について

専門領域の取り組み

人と人との架け橋

地域医療連携部

看護師長 井上 智香子

超高齢化や医療の進歩により、疾病を抱えながら生活する方が増えています。厚生労働省が2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的で、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を打ち出しています。地域医療連携部では、患者さん・ご家族が可能な限り意向に沿った生活を送れるように、多職種・他部署と協働して入院前から退院後のことを見据えた支援を行っています。
具体的には、入院前の患者面談(薬剤師/看護師)、退院支援、介護や療養の相談、病気や障害によって生じる経済的・社会的問題の相談等があります。入院前の看護師の面談では、患者さん・ご家族の情報と情報からのアセスメントを、外来や病棟・地域関係機関へ繋げています。退院支援では、医師、病棟看護師をはじめとするコメディカルと協働し、退院後移行する療養先で、必要なケアを必要なときに提供されるよう支援しています。
更に、年間約2万人の新入院患者を受け入れるため、病床の効率的な運用の調整・検討も行っています。

看護師長 井上 智香子