トピックス

ホーム

トピックス

トピックス 2013年

平成25年度院内看護研究発表・活動報告会が開催されました

11月16日(土)に平成25年度院内看護研究発表・活動報告会が開催され、14演題の発表がありました。今年度は病棟や中央診療部門からの演題に加え、「入退院センター」「周手術期センター」「肺移植」のことなど、現在病院でも力を入れて取り組んでいる活動も多く報告されました。
また、特別活動報告として、病院再開発に向けての人材育成ローテーションについて、「NICU・GCUの現状と増床にむけての取り組み」「救命救急・脳卒中センター設立にむけての取り組み」の発表がありました。発表に先立ち吉川淳子看護部長より、増床に伴う看護職員の増員計画や、看護人材育成についての情報提供もありました。 
参加者からは「今後の千葉大学病院の看護の方向性の示唆が得られるような活動報告が多く非常に勉強になった」「病院全体の動きがみえた。他部署でどのような活動が行われているのかが分かり大変有意義であった」などの声が寄せられ、年に一度の院内発表会にふさわしい会になりました。

(看護部研修委員会・キャリア開発室 久田)

  • 看護研究発表・活動報告会
  • 看護研究発表・活動報告会
  • 看護研究発表・活動報告会
  • 看護研究発表・活動報告会
  • 看護研究発表・活動報告会
  • 看護研究発表・活動報告会

このページの先頭へ

「ケアグループ」を中心によりよいケアができるように取り組んでいます

ひがし棟2階病棟は、婦人科・乳腺甲状腺外科を中心とした女性専用の病棟です。女性として生きる患者さんの気持ちに寄り添い、患者さんの苦痛や不安を少しでも和らげ女性の視点に立ったきめ細やかな対応を心がけています。
病棟では、今年の4月から「ケアグループ」を作り、患者さんへの心地よいケアについての勉強会を定期的に行っています。今回は、日頃病棟でよく行っているケアのひとつである「洗髪」について、美容師の方を講師にお招きし、研修を行いました。
研修では、首のタオルやケープの巻き方、シャワーヘッドの持ち方、シャワーを当てる角度や水圧、ツボ押しなど、手順や配慮すべき点について、細かく丁寧に教えて頂きました。参加したスタッフも、講師の方が行う洗髪の様子を動画を撮影したり、ポイントをメモに取りながら熱心に聴いていました。最後に、看護師同士で洗髪を行い、日頃の自分達が行っている洗髪の改善点について確認することができました。
病棟では、これからも「ケアグループ」を中心に、患者さんへのケアの一つ一つを見直しながら、患者さんにとって心地よいきめ細やかなケアが行えるように取り組んでいきたいと思います。
今回の研修でご指導して頂いた美容師の久保田さん、本当にありがとうございました。

(看護部広報委員 ひがし棟2階:矢口)

  • 洗髪の研修
  • 洗髪の研修
  • 洗髪の研修
  • 洗髪の研修
  • 洗髪の研修
  • 洗髪の研修

このページの先頭へ

平成25年度ボランティア感謝状贈呈式が行われました

感謝状贈呈式

千葉大学医学部附属病院のボランティア活動は、11種類にわたり、現在89名の方にご協力いただいています。今年も、日頃の感謝を込めて、平成25年度ボランティア感謝状贈呈式が、平成25年9月30日に行われました。
今回は、外来・病棟ボランティア6名、なのはな文庫(院内移動図書館)5名、小児病棟プレイボランティア1名、演奏ボランティア2名、展示ボランティア7名、さつき保育園5名の計26名の方と、「せせらぎ」「葛城民話を語る会」「民話の集い」の3団体に、救急部・集中治療部の織田教授から感謝状と記念品が贈呈されました。
感謝状を受け取られたボランティアの方を代表して、小児ボランティアの方がご挨拶の中で、実際に子どもたちのプレイに使っている「六角返し」というおもちゃを紹介されながら、子どもたちからの「ありがとう。また来てくれる?」という言葉が励みになり、ボランティアを続けていると話してくださいました。
病院にいらっしゃる患者さんを笑顔で迎えてくださり、心地よさを提供してくださるボランティアさんは、患者さんだけでなく医療スタッフにとっても、安心感を与えてくれる存在です。

  • 感謝状贈呈式
  • 感謝状贈呈式
  • 感謝状贈呈式

このページの先頭へ

院内防災訓練(地震訓練)で看護師の役割を再確認

9月11日(水)に「千葉市に震度6強の地震が起きた」という想定で、院内防災訓練を実施しました。
今回は、院内のライフラインが使用できなくなった場合の対応について確認しました。特に各部署にいる看護師の情報集約と報告体制は重要な役割を担っており、今回も迅速な報告ができるよう訓練を行いました。また、電力供給が停止した際に、生命維持が困難な重症な患者(模擬患者)の実践的な搬送、搬送経路、その際の誘導人員の配置、複数の重症患者の搬送順位の決定方法と各診療科の応援体制などが訓練に盛り込まれました。
その中で、看護師は搬送に用いる器具や患者情報の準備、搬送時の患者の観察など重要な役割を担っていることを、参加した多くのスタッフが確認することが出来ました。

(看護部災害対策委員・看護部広報委員:千葉)

  • 安全確保
    【安全確保】
  • 災害対策本部
    【災害対策本部】
  • 本部 情報収集
    【本部 情報収集】
  • 搬送順位の決定
    【搬送順位の決定】
  • 搬送(小児の場合)
    【搬送(小児の場合)】
  • イーバックチェアによる搬送
    【イーバックチェアによる搬送】

このページの先頭へ

サマーインターンシップへのご参加ありがとうございました

平成25年度のサマーインターンシップが、7月30日(火)~8月29日(木)まで4回行われ、全国(鹿児島~北海道)から84名の方にご参加いただきました。
今年度のサマーインターンシップも、卒業年度の看護学生のみなさんを対象(最終クールのみ卒業年度以外の方も参加可)に、3日間のスケジュールで行われました。看護部の概要、新人看護師の教育体制についての説明、病院見学などを行った後、希望部署で先輩看護師と一緒に、看護業務(2日目は夜勤業務)を体験してもらいました。最終日の午後の交流会では、先輩看護師たちと自由に話しながら楽しい時間を過ごしていただきました。
参加者の方からは、「実際に看護師と患者さんとの関わりが見られてよかった」「普段体験できない夜勤を体験できてよかった」「病棟の雰囲気を体験でき、就職してからのイメージを持つことができた」「自分の将来を思い描く大変よい機会となった」などの感想が聞かれました。
インターンシップでの体験を通して、本院の看護について理解を深めていただけたのではないでしょうか。
たくさんの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。
インターンシップは終わりましたが、個別の病院見学会は継続して受け付けておりますので、ご希望の方はお申し込みください。また、来春にはスプリングインターンシップも開催する予定です。日程など詳細が決まり次第、ホームページ上でお知らせいたします。

  • 病院長からのあいさつ
    【病院長からのあいさつ】
  • 看護部長からのあいさつ
    【看護部長からのあいさつ】
  • 新人教育について
    【新人教育について】
  • 消化器外科病棟
    【消化器外科病棟】
  • 循環器内科・心臓血管外科病棟
    【循環器内科・心臓血管外科病棟】
  • 周産期母性科病棟
    【周産期母性科病棟】
  • カンファレンスに参加
    【カンファレンスに参加】
  • 電子カルテからの情報収集
    【電子カルテからの情報収集】
  • 薬剤のダブルチェック
    【薬剤のダブルチェック】
  • がん看護専門看護師からの説明
    【がん看護専門看護師からの説明】
  • 集中ケア認定看護師からの説明
    【集中ケア認定看護師からの説明】
  • 集合写真でハイポーズ!
    【集合写真でハイポーズ!】
  • 交流会 交流会 交流会
    【最後の交流会では先輩看護師たちと楽しくおしゃべり♪】

このページの先頭へ

9~11月の公開研修について

千葉大学病院看護部で9~11月に行われる、公開研修の申し込み用紙をこちらに掲載しました。
各研修の申し込み用紙にご記入の上、前日までにFAXでお申し込みください。

  • 9~11月の公開研修について

このページの先頭へ

就職説明会へのご参加ありがとうございました

平成25年度の就職説明会が、6月29日から8月9日まで5回開催され、北海道から宮崎県まで71名の方にご参加いただきました。卒業年の方、本院への転職を検討されている方はもちろん、卒業年でない学生の方(中には1年生の方)にもご参加いただき、ありがとうございました。
病院や看護部の説明、病院見学、懇親会などを通して、「新人のサポート体制・教育体制が整っている」「質問しやすい雰囲気の中、実際に働いている人に話を聞くことができてよかった」「アドバイスをもらって不安に思っていた気持ちが軽くなった」「就職したい気持ちが強くなった」などの感想をいただきました。
平成25年度の就職説明会は終了しましたが、個別の病院見学会はお受けしておりますので、就職説明会に参加できなかった方は。こちらもご利用ください。
現在就職を検討されている方はもちろん、卒業年でない方もお申し込みできます。
詳しくは、看護部ホームページ採用情報をご覧ください。

  • 副病院長からのあいさつ
    【副病院長からのあいさつ】
  • 看護部長からのあいさつ
    【看護部長からのあいさつ】
  • 神経内科医師からのメッセージ
    【神経内科医師からのメッセージ】
  • 電子カルテの操作方法
    【電子カルテの操作方法】
  • モニタリングについて
    【モニタリングについて】
  • 集中ケア認定看護師からの説明
    【集中ケア認定看護師からの説明】
  • SPDシステムについての説明
    【SPDシステムについての説明】
  • 病室の見学
    【病室の見学】
  • ME機器管理センターの見学
    【ME機器管理センターの見学】
  • 懇親会の様子 懇親会の様子
    【懇親会の様子】
  • 最後にみんなで記念撮影
    【最後にみんなで記念撮影】

このページの先頭へ

今年もサマーインターンシップが始まりました

平成25年度の第1回目のサマーインターンシップが、7月30日から始まり、鹿児島から北海道まで27名の方にご参加いただきました。
3日間のスケジュールで行われ、病院や看護部の説明、病院見学の後、希望の診療科の病棟に入り、先輩看護師と一緒に患者さんのケアを行いました。2日目には夜勤業務も経験し、貴重な体験となったようです。
サマーインターンシップは、4回開催を予定しています。第3回目と4回目への参加申し込みはまだ受け付けておりますので、興味のある方は是非ご参加ください。
お待ちしております。(詳細は、サマーインターンシップページをご覧ください)

  • 平成25年度 サマーインターンシップ
  • 平成25年度 サマーインターンシップ
  • 平成25年度 サマーインターンシップ
  • 平成25年度 サマーインターンシップ
  • 平成25年度 サマーインターンシップ
  • 平成25年度 サマーインターンシップ

このページの先頭へ

病院構内に新しく立体駐車場が完成しました

平成25年7月1日から、病院構内に新しく外来者専用の立体駐車場がオープンしました。
昨年の10月から外来の駐車場の工事が始まり、通院されている患者さんには大変ご迷惑をおかけしました。今回、新しく355台分の駐車場が完成し、全体で764台の車が駐車できるようになりました。これまでの立体駐車場の横に隣接して繋がっており、入り口の発券機が2台、出口の精算機も2台に増設され、出入りもスムーズになりました。
これまでご迷惑をおかけしていた一般車道への渋滞が軽減されていくと思います。

  • 立体駐車場全景
    【立体駐車場全景】
  • 駐車場の歩道
    【駐車場の歩道】
  • 出口精算機
    【出口精算機】
  • 駐車場屋上
    【駐車場屋上】
  • 駐車場内
    【駐車場内】
  • フロア識別色表示案内
    【フロア識別色表示案内】
  • 空車案内
    【空車案内】
  • 空車案内
    【空車案内】
  • 駐車場内遊歩道
    【駐車場内遊歩道】

このページの先頭へ

7~9月の公開研修について

千葉大学病院看護部で7~9月に行われる、公開研修の申し込み用紙をこちらに掲載しました。 各研修の申し込み用紙にご記入の上、前日までにFAXでお申し込みください。

  • 7~9月の公開研修について

このページの先頭へ

当院で初めてのエキスパートナースが誕生しました

エキスパートナースとは、クリニカルラダーⅣのすべての項目を達成し、既定の評価基準をクリアした看護師に与えられる院内資格で、平成21年度に制定されました。
資格取得者は、その高い知識と技術を生かして、部署での後輩の指導や院内の看護の質の向上に努めることが期待されています。
その第1号となる看護師が、今年の3月にみなみ棟3階(小児病棟)に誕生しました。

ご本人からのメッセージ

エキスパートの認定を受けようと思った動機は、病気と闘っている小さな子どもたちや家族に寄り添い、一筋に看護を実践してきた経験が、エキスパートとして認めてもらえるかどうか自分の力を試してみようと思ったからです。
認定をうけるにあたり、多くのリーダーシップや、エキスパート看護師の本を読んで準備をしてきました。こうした経験や努力が認められて、とてもうれしく思います。
エキスパートとして、スタッフの手本となるためにも、常に学んでいく姿勢を大切にし、院内外の研修にも多く参加しています。
これからの活動としては、病棟の学習係と連携して、新人看護師に沐浴や吸引などの実技指導も行っていく他、院内研修、"外来看護と病棟看護をつなぐ"で講師をつとめさせていただく予定です。私が小児病棟で行ってきた看護実践をスタッフに広めていけたらと思います。
これからもチームの一員としてリーダーシップを発揮し、みなみ棟全体の看護の質が向上するように頑張っていきます。

部署の看護師長さんからのコメント

院内初のエキスパートナースが当部署から誕生したことを大変うれしく思います。
これまでも、ベテラン看護師として、豊富な知識と経験をもとに患者ケアに関わり、その看護はスタッフの良いモデルとなっています。また、学会やセミナーなどに積極的に参加され、常によりよいものを求め看護実践に活かす努力をされています。
エキスパート認定を受け、誇りをもって、"看護への思い" "技"を後輩に伝えていって下さい。部署内だけではなく、院内全体での活躍も期待しています。

(クリニカルラダー委員、看護部広報委員:奥)

  • 小児病棟勤務のM.Kさん
    【小児病棟勤務のM.Kさん】
  • 小児病棟スタッフと一緒に
    【小児病棟スタッフと一緒に】
  • エキスパートナースのバッジ
    【エキスパートナースのバッジ】

このページの先頭へ

さつき保育園(院内保育園)が拡充しました

千葉大学病院敷地内にある「さつき保育園(院内保育園)」の定員を拡大するために、これまでの保育園の隣に新しく保育園スペースを増改築しました。その結果、定員はこれまでの54名から83名の児童の受け入れが可能になりました。
そして、5月14日から、これまでの病後児保育のほかに病児保育もスタートし、担当の看護師も2名配置されました。
千葉大学病院では院内保育園を拡充させることによって、保育園の待機のために復帰できなかったり、こどもの看護のために休暇をとっていた職員の負担を少しでも軽減し、より働きやすい職場環境づくりに力を入れています。

  • 絵本の読み聞かせ
    【絵本の読み聞かせ】
  • 1〜2歳児室
    【1〜2歳児室】
  • 0〜1歳児室
    【0〜1歳児室】
  • 授乳スペース
    【授乳スペース】
  • 食事の部屋
    【食事の部屋】
  • 病児保育の部屋
    【病児保育の部屋】
  • 園庭(滑り台)
    【園庭(滑り台)】
  • 園庭(砂場)
    【園庭(砂場)】
  • 保育園エントランスの壁面飾り
    【保育園エントランスの壁面飾り】

このページの先頭へ

『Heartful Education通信』第26号が発行されました

今月は『「接遇」を考えよう!! 』、『研修報告 週40プリセプター実践研修①』、『~OJT:On the Job Training~ 経験から人はどのように学習していくのでしょうか?』が掲載されています。

  • Heartful Education通信 第26号

このページの先頭へ

平成25年度の就職説明会が始まりました

平成25年度の就職説明会が、6月29日(土)から始まりました。初日は、北海道から岡山県まで21名の方にご参加いただきました。
看護部の概要や採用、新人の育成についての説明のあと、病院内(病棟、ヘリポート、手術室など)を見学していただきました。午後からは、看護師からのメッセージのあと、病棟から新人看護師とプリセプター、病棟師長も加わり、楽しい雰囲気の中で懇親会が行われました。
就職説明会は8月上旬まで、今年度は土曜日にも開催していますので、詳しくはホームページをご覧ください。来年度の就職を検討されている方はもちろん、卒業学年ではない学生の方も、参加できます。現在、参加申し込みを受け付けておりますので、是非ご参加ください。
みなさんのお申し込みをお待ちしております。

  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会
  • 平成25年度 就職説明会

このページの先頭へ

院内研修公開について

千葉大学病院看護部では、院内研修の一部を公開しています。
今年度の研修公開予定を掲載しますので、興味のある方はぜひご参加ください。
6月25日~7月24日に行われる公開研修の申し込み用紙はこちらです。

  • Heartful Education通信 第25号

このページの先頭へ

5月15日(水)、16日(木)「看護の日のイベント」が行われました

看護の日のイベント初日は、看護師を中心としたメンバーでコンサートを行いました。
今回初めての試みでしたが、多くの方に集まっていただき大盛況に行うことができました。チーバくんやアンパンマン、ばいきんまんも応援に駆けつけ、楽しいコンサートになりました。
また外来ホールには、病棟・外来など看護活動を紹介した各部署ポスターを展示し、患者さんや他の部門の職員の方に見ていただきました。
2日目のイベントでは、「命を救う~一次救命訓練」「手洗い体験」「おもちゃであそぼう」「メディカルアロマセラピー」「おむつの豆知識」の5つの看護体験コーナーを設けました。こちらのイベントには134名の方に参加してくださり、幅広い年齢層の方に楽しみながら体験していただきました。
(ご参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました)

  • トランペットのソロ演奏
    【トランペットのソロ演奏】
  • 看護師による歌と演奏
    【看護師による歌と演奏】
  • 小児科チームによる演奏
    【小児科チームによる演奏】
  • おもちゃで遊ぼう
    【おもちゃで遊ぼう】
  • 一次救命訓練
    【一次救命訓練】
  • 手洗い体験
    【手洗い体験】
  • メディカルアロマセラピー
    【メディカルアロマセラピー】
  • 広報委員と当日協力してくれたスタッフ
    【広報委員と当日協力してくれたスタッフ】

千葉県のイメージキャラクターのチーバくんが、今年も応援に来てくれました。
病棟や外来を訪問し、患者さんや面会中のご家族と写真を撮ったり、入院中で病室から出られない患者さんには、病室まで訪問し患者さんを喜ばせてくれました。また、院内保育園にも出かけてくれましたが、ここでもチーバくんは大人気で、子どもたちは大興奮でした。
「看護の日」のイベント会場でも、チーバくん人気は高く、握手をしたり、記念写真を撮ったり、大忙しのチーバくんでした。
チーバくん♪今年も心強い応援をありがとうございました。

  • チーバくん1
  • チーバくん2
  • チーバくん3
  • チーバくん4

このページの先頭へ

小児病棟に初めてセラピードッグが来てくれました

平成25年4月24日(水)、本院の小児病棟で初めて「アニマルセラピー」が行われました。
このアニマルセラピーは、社団法人日本動物病院福祉協会(JAHA)が、動物病院を中心に推進している「人と動物のふれあい活動(CAPP活動)」として行っているもので、動物とのふれあいや相互作用から情緒的な安定など様々な効果があるといわれています。今回、その活動に本院も賛同し、患児とご家族の意向も確認した上で初めてセラピードッグの訪問を導入することになりました。
訪問には、セラピードッグ5頭、獣医師3名、動物看護師1名の方が来院してくれました。また、仁戸名特別支援学校からも教員4名が患児の関わりの様子を観察するために参加してくださいました。
当日は、患児12名(10ヶ月~15歳まで)と保護者12名の方が参加してくださいました。訪問の約1週間前から来院予定の犬の写真と名前を掲示し、きちんとしつけをされていて、吠えたりかじったりしない犬がきてくれることを説明していたので、怖がって泣き出す患児は一人もいませんでした。
最初は受け身だった患児たちでしたが、次第に5頭の犬それぞれに近寄っていく姿がみられ、患児だけでなく保護者の方も一緒に犬に触れながら、親子で楽しんでいる姿がとても印象的でした。
JAHA会員の方から声をかけてもらいながら、犬の散歩をしたり、抱っこしたり、おやつをあげたりと、様々な体験をすることができたセラピードッグの訪問でした。
(今後、月1回、セラピードッグの訪問が行われる予定です)

(みなみ棟3階 上林多佳子)

  • アニマルセラピー
  • アニマルセラピー
  • アニマルセラピー
  • アニマルセラピー
  • アニマルセラピー
  • アニマルセラピー

このページの先頭へ

『Heartful Education通信』第25号が発行されました

今月は「ようこそ新人さん!!」が掲載されています。

  • Heartful Education通信 第25号

このページの先頭へ

5月15日(水)、16日(木)「看護週間」のイベントを開催します

1990年から、近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日を「看護の日」に定め、12日を含む日曜日から土曜日までの1週間を「看護週間」としています。今年は5月12日(日)~18日(土)が「看護週間」で、千葉大病院では、5月15日と16日に看護部主催のイベントを予定しています。
5月15日(水)には、看護師有志による院内コンサート(今回初!)、16日(木)には「命を救う~一次救命訓練」「手洗い体験」「おもちゃで遊ぼう」などのイベントを開催いたします。
今年もチーバくんが来院します。みなさんのご参加お待ちしています!
(写真は昨年のイベントの様子です。)

  • 看護週間
  • 看護の日・看護週間
  • 一次救命訓練
    【一次救命訓練】
  • 手洗い体験
    【手洗い体験】
  • おもちゃで遊ぼう
    【おもちゃで遊ぼう】

このページの先頭へ

平成25年度新採用者のオリエンテーションが行われました

平成25年4月1日から5日までの5日間、新採用者のオリエンテーションが行われました。
今年度は、118名の看護師が入職しました。
オリエンテーション初日は、4月から採用される研修医の方と合同で、院内感染対策や医療安全、個人情報保護などについての説明を受けました。2日目からは、看護部の理念や方針、業務などについて具体的に説明をうけ、コンピュータリテラシー(電子カルテの操作方法)やサービスマナー研修などがおこなわれました。また新人歓迎会も行われ、緊張した面持ちの皆さんでしたが、看護師長や同期の仲間と話す中で、少しずつ不安も緩和されたようでした。
これから看護職者として勤務することを、改めて確認した5日間のオリエンテーションでした。

  • オリエンテーション
  • オリエンテーション
  • オリエンテーション
  • オリエンテーション
  • オリエンテーション
  • オリエンテーション
  • オリエンテーション
    【各自の出身県で日本地図をつくってみました♪】

このページの先頭へ

2013年4月1日 千葉大病院の構内では春の花が満開です

今年は全国的に桜の開花が早く、千葉大学病院でも昨年より10日ほど早く咲き始めた桜が満開になりました。
今年は、新外来棟が工事中のため、お花見できる桜の花や場所は少し減っていますが、きれいな桜の花がいつものように咲きました。
桜の花の他にも、病院正面玄関下、院内保育園、看護師寮など病院構内のいろんな庭で春の花が咲き始め、千葉大病院も春本番を迎えています♪

  • 春の花が満開
  • 春の花が満開
  • 春の花が満開
  • 春の花が満開
  • 春の花が満開
  • 春の花が満開
  • 春の花が満開
  • 春の花が満開
  • 春の花が満開

このページの先頭へ

スプリングインターンシップへのご参加ありがとうございました

平成24年度のスプリングインターンシップが、平成25年3月7日(木)、8日(金)、12日(火)、19日(火)の4日間、開催されました。
次年度に卒業を控えた学生さん112名の方にご参加いただきました。北海道から沖縄県まで全国からお申し込みいただき、本当にありがとうございました。
短い時間ではありましたが、参加してくださったみなさんが病院概要の説明や病棟・交流会での当院スタッフとの関わりを通して、ますます千葉大学病院に対して関心を持ってくださった方が多かったようです。
今後、就職説明会(6月~)、夜勤業務も体験できるサマーインターンシップ(7月~)の開催を予定しています。みなさまのご参加をお待ちしています。
(申し込みの時期については、ホームページ上でご案内いたしますので、もうしばらくお待ちください)

  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ

このページの先頭へ

スプリングインターンシップが始まりました

平成24年度のスプリングインターンシップが3月7日(木)から始まりました。
今回は121名の方にお申し込みいただきました。
スプリングインターンシップは1日のコースで、病院や看護部の概要説明、病院見学、病棟での看護体験、先輩看護師との懇談会が行われます。あっという間の時間ですが、参加されたみなさんも楽しんでくださっています。
これから、就職説明会やサマーインターンシップも開催を予定していますので、今回スプリングインターンシップに参加されなかった方も、是非ご参加ください。
(就職説明会・サマーインターンシップの詳細については、ホームページで随時お知らせします)

  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ
  • スプリングインターンシップ

このページの先頭へ

『Heartful Education通信』第24号が発行されました

今月は「1年間を振り返って~みんなにありがとう」が掲載されています。

  • Heartful Education通信 第22号

このページの先頭へ

ベストマナー賞の表彰式が行われました

平成25年2月27日(水)に、平成24年度の「ベストマナー賞」の表彰式が行われました。
千葉大学病院看護部では、病院サービス向上推進委員会看護部委員の取り組みとして、平成17年度から「ベストマナー賞」を設けました。これは、看護師・看護補助者・クラークを対象に、患者さんへの思いやりある対応や清潔感のある身だしなみに心がけている職員に対して、「ベストマナー賞」を贈呈するもので、今年で8年目になります。
候補者は、各部署の看護師長が選考基準に基づき選出し推薦します。今回は、看護師17名、看護補助者5名、クラーク3名の計25名が「ベストマナー賞」に選出され、宮崎病院長から、ひとりひとりに表彰状と記念品が手渡されました。受賞したスタッフからは、他のスタッフの模範となれるよう努力していきたいとの挨拶がありました。
受賞したスタッフだけでなく、全スタッフが、身だしなみや患者さんへの対応等、マナ-の向上に努めていけるよう、今後も取り組んでいきたいと思います。

  • ベストマナー賞の表彰式
  • ベストマナー賞の表彰式
  • ベストマナー賞の表彰式

このページの先頭へ

ひがし棟7階病棟でコンサートを開きました

ひがし棟7階血液内科病棟では、疾患の特性上、入院期間が長い患者さんが多くいらっしゃいます。入院生活の中で、少しでも季節感を感じたり、患者さんや家族の方々に楽しんでいただけるように、お花見やクリスマス会など季節ごとの行事やレクリエーションに力を入れています。
12月20日のクリスマス会はスタッフによる手作りコンサートを開催し、病棟のラウンジで看護師や医師によるバイオリン、フルート、ハンドベルの演奏を行いました。
なかなかみんなでそろって練習することが難しいのですが、勤務が終わった後や休みの日に一生懸命練習をしました。
クリスマスコンサート当日は緊張しましたが、コンサートを見にたくさんの患者さんやご家族の方が集まってくださり、演奏が終わると笑顔で大きな拍手をいただきました。
いつもと違った(入院生活ではなかなか見られない)患者さんの笑顔や楽しそうな様子がみられると、コンサートを行なって本当に良かったと感じます。
これからも、患者さんの療養生活を生活の視点でも支えられるよう取り組んでいきたいと思います。

(文責:ひがし棟7階 林、松井)

  • ひがし棟7階病棟でコンサート
  • ひがし棟7階病棟でコンサート
  • ひがし棟7階病棟でコンサート

このページの先頭へ

平成24年度看護職員海外研修に行ってきました

平成24年の11月11日(日)~17日(土)までの1週間、平成24年度看護職員海外研修に参加しました。
今回の研修では、アメリカのNICUにおけるファミリーセンタードケアの考え方や実際の関わり方、感染対策、施設や設備等、アメリカでの看護や最先端医療を実際に学ぶことができました。日本のNICUに比べて、家族面会や情報開示、持ち込み物等の制限が少ないことが印象的であり、家族と児がひとつのユニットとして考えられている様子が分かりました。また、アメリカで活躍する日本人看護師と直接話をすることで、日本とアメリカの看護に対する考え方や業務の違いについて知ることができ、自分自身の看護観を見つめ直すきっかけにもなりました。
研修先のスタッフの方々はとても親切で、多くのことを学ぶことができました。海外ということで言葉の面でも不安がありましたが、通訳の方は私たちの伝えたいことを適切に伝えて下さり、とても有意義な研修になりました。また、一緒に参加した研修メンバーとも掛け替えのない時間を過ごすことができ、よい経験となりました。

(文責:NICU・GCU 伊東香葉)

  • 院内防災訓練(地震訓練)
  • 院内防災訓練(地震訓練)
  • 院内防災訓練(地震訓練)

このページの先頭へ

『Heartful Education通信』第23号が発行されました

今月は「あなたの考えるリーダーシップ」、「研修報告 メンバーシップを発揮しよう!」が掲載されています。

  • Heartful Education通信 第22号

このページの先頭へ