研修・教育について

ホーム

研修・教育について

新採用内定者早期研修

新採用内定者早期研修

学生時代に学んだ知識や技術を復習し、学生から看護者へ早期に適応できるよう、配置部署で働き始める前に、2日間前後の新採用内定者早期研修を毎年実施しています。内容は、基本的看護技術・コミュニケーション技術の復習、入職当初から担当する状態の模擬患者さんについて必要な看護を考え実践するなど、演習が中心です。
一緒に就職する仲間や教育担当者との交流の機会にもなり、配属部署が違う友達ができてよかった、心強く感じたなどの感想も聞かれています。

新採用内定者早期研修

研修名称 教育内容

新採用内定者
早期研修
  • 軽症患者の状態や環境を把握し、必要な看護を考えるために、グループワークとシミュレーション学習を行う。
  • 患者の視点から千葉大学病院における外来受診、入院の流れについて学ぶ。
  • 基本的な看護技術の技術演習を行う。
  • コミュニケーション、チームワークを高める演習を行う。